1. TOP
  2. レシピ
  3. 【世界一受けたい授業】血管を強くする食べ物とレシピ!コーヒーやサプリメントについても
本ページにはプロモーションが含まれている場合があります。

【世界一受けたい授業】血管を強くする食べ物とレシピ!コーヒーやサプリメントについても

レシピ
この記事は約 10 分で読めます。
コーヒーが血管を強くする

こんにちは、この記事では世界一受けたい授業で紹介された血管を強くする食べ物についてご紹介します。

血管は私たちの身体の中で血液を運ぶ重要な役割を果たしていますが、加齢や生活習慣の乱れによって硬くなったり詰まったりして、動脈硬化や高血圧などの血管病のリスクを高めます。
血管病は心筋梗塞や脳卒中などの重大な疾患の原因となるので、予防することがとても大切です。

そこで、血管を強くしなやかに保つためには、どんな食べ物が良いのでしょうか?
今回は、日本テレビの人気番組「世界一受けたい授業」で紹介された血管に良い食べ物や、
その他の関連情報についてもまとめてみました。

ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

世界一受けたい授業で紹介された血管を強くする食べ物

「世界一受けたい授業」は、さまざまな分野の専門家がわかりやすく教えてくれる教養番組です。

血管の専門家である高沢謙二先生が、血管を強くする食べ物について教えてくれました。
その中で血管を強くする食べ物として紹介されたのは、
なんと!コーヒーでした。

コーヒーに含まれるフラボノイドが血管にプラスの影響を与えてくれるそうです。

これらのフラボノイドには「抗酸化作用」があり、血管のさびつきを防ぐ役割があるということ。
その結果、血管の老化が予防され、血栓の発生も低減するんだとか。

どのくらい飲んだほうがいいのか?ということですが、
1日に2~3杯の摂取が理想的とされています。

その他、血管を強くする食べ物として
以下のようなものが知られています。

トマト

トマトに含まれるリコピンは、血管にダメージを与える活性酸素の働きを抑えてくれます。
また、トマトを発酵させると、リコピンの吸収力が3〜4倍になります。
発酵トマトとチーズを使った鍋は、血管にとても良い食べ物です。

青魚

サバやイワシなどの青魚に含まれるEPAは、血管を柔らかくし血栓ができにくくする働きがあります。
サバ味噌煮缶と豆乳を使った鍋は、EPAとカルシウムの相乗効果で血管に効果的です。

海鮮

エビやアサリ、鮭などの海鮮に含まれるタウリンは、血管の内皮細胞の新陳代謝を促進し、血管を若返らせます。
また、海鮮には睡眠の質を高めるメラトニンも含まれています。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、血管の修復にも必要です。
海鮮と大根おろしを使った鍋は、睡眠改善にも役立ちます。

これらの食べ物は、血管を強くするだけでなく、
美味しくて栄養バランスも良いです。

ぜひ試してみてください!

毛細血管を強くする食べ物って何?

血管の中でも、毛細血管は最も細くてデリケートな部分です。
毛細血管は、全身の細胞に酸素や栄養を届ける役割を担っていますが、
加齢やストレスによって傷ついたり詰まったりして、血流が悪くなります。

毛細血管を強くするためには、以下のような食べ物がおすすめです。

青魚

前述の通り、青魚に含まれるEPAは、血管を柔らかくし血栓を予防します。

また、青魚にはビタミンB12も豊富に含まれています。
ビタミンB12は、赤血球の生成に必要な栄養素で、赤血球が減ると毛細血管に酸素が届きにくくなります。
青魚を週に2〜3回食べることで、毛細血管の血流を改善できます。

大豆製品

大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをして、血管の内皮細胞を活性化させます。
内皮細胞は、血管の内側を覆っている細胞で、血管の柔軟性や血圧の調節に関わっています。
大豆製品を毎日食べることで、毛細血管の機能を高めることができます。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要な栄養素です。
コラーゲンは、血管の壁を強くするために重要な成分です。
ビタミンCは、柑橘類やキウイ、パプリカなどの野菜や果物に多く含まれています。
ビタミンCは熱に弱いので、生のまま食べるか、加熱する場合は短時間で調理しましょう。

血管を強くするサプリメント

食事だけでは不足しがちな栄養素を補うために、サプリメントを利用する人も多いでしょう。
血管を強くするためには、以下のようなサプリメントがおすすめです。

DHA・EPA

青魚に含まれるDHA・EPAは、サプリメントでも摂取することができます。
DHA・EPAは、血液の流れを良くし、血圧やコレステロールを下げる効果があります。
また、血管の内皮細胞を保護し、動脈硬化を予防します。
DHA・EPAのサプリメントは、1日に300〜600mg程度を目安に摂取しましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、血管にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
また、血液の凝固を防ぎ、血栓のリスクを低減します。ビタミンEは、植物油やナッツ、種子類などに含まれていますが、サプリメントでも摂取できます。

ビタミンEのサプリメントは、1日に100〜200IU程度を目安に摂取しましょう。
ただし、過剰摂取すると出血傾向になる可能性があるので、注意してください。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、細胞のエネルギーを生み出すミトコンドリアで働く物質です。
コエンザイムQ10は、血管の内皮細胞の機能を向上させ、血圧を下げる効果があります。
また、コエンザイムQ10は、ビタミンEと同様に抗酸化作用があり、血管の老化を防ぎます。
コエンザイムQ10は、肉や魚、卵などに含まれていますが、加齢とともに減少するので、サプリメントで補うことができます。
コエンザイムQ10のサプリメントは、1日に30〜100mg程度を目安に摂取しましょう。

以上、血管を強くするサプリメントについてご紹介しました。
サプリメントは、食事の補助として利用するものであり、食事の代わりになるものではありません。
血管を健康に保つためには、バランスの良い食事と適度な運動が必要です。
サプリメントは、自分の体質や症状に合わせて選び、医師や薬剤師に相談しながら利用しましょう。

血管を強くするレシピと食べ物

血管は、年齢とともに硬くなり、動脈硬化や高血圧などの病気のリスクが高まります。
血管を強くするためには、食生活の見直しが大切です。
ここでは、血管を強くするレシピと食べ物について紹介します!

血管を強くするレシピは、以下のような特徴があります。

  • 抗酸化作用の高い食材を多く使う
  • 塩分や糖分の摂りすぎを避ける
  • 大豆製品や青魚などの良質なタンパク質を摂る
  • 水溶性食物繊維を含む食材を摂る

以下に、具体的なレシピの例をいくつか紹介します。

和風ロールキャベツ

材料(4人分)

  • キャベツ 8枚
  • ひき肉 300g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • しょうが 1かけ
  • 卵 1個
  • パン粉 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 水 200ml
  • だしの素 小さじ1
  • サラダ油 大さじ1

作り方

1. キャベツの芯を切り落とし、葉をはがす。 葉の厚い部分を包丁で薄くそぐ。 鍋に湯を沸かし、キャベツをさっとゆでる。 水気を切っておく。
2. 玉ねぎとしょうがはみじん切りにする。 ボウルにひき肉、玉ねぎ、しょうが、卵、パン粉、塩、こしょうを入れてよく練る。
3. キャベツの葉に2の肉だねを包む。 フライパンに油を熱し、ロールキャベツを並べる。 中火で両面を焼く。
4. 酒、みりん、醤油、水、だしの素を混ぜたタレをフライパンに加える。 フタをして弱火で15分ほど煮る。

ポイント

– キャベツには、血管を強くするビタミンCやβカロテンが豊富に含まれています。
– ひき肉には、血液をサラサラにするEPAやDHAが含まれています。 牛肉や豚肉よりも鶏肉や魚肉のひき肉を使うと、より効果的です。
– タレには、塩分を控えめにして、酒やみりんで甘みを加えます。 酒やみりんには、血管を拡張する作用があります。

サバと野菜の黒酢あんかけ

材料(4人分)

  • サバの切り身 4切れ
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう 少々
  • 小麦粉 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • にんじん 1/2本
  • しめじ 1/2パック
  • ほうれん草 1/2束
  • 水 200ml
  • 黒酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2

作り方

1. サバの切り身に塩とこしょうをふり、小麦粉をまぶす。 フライパンに油を熱し、サバを両面焼く。 皿に取り出しておく。
2. にんじんはせん切りにする。 しめじはほぐす。 ほうれん草は3cmくらいの長さに切る。 鍋に湯を沸かし、ほうれん草をさっとゆでる。 水気を切っておく。
3. フライパンに水、黒酢、砂糖、醤油を入れて煮立てる。 片栗粉と水を混ぜた水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
4. にんじんとしめじを加えて煮る。 サバとほうれん草をのせて熱くなるまで煮る。

ポイント

– サバには、血液をサラサラにするEPAやDHAが豊富に含まれています。 青魚は、血管を強くする食材の代表です。
– 野菜には、血管を強くするビタミンCやβカロテン、食物繊維が豊富に含まれています。 野菜の色や種類をバラエティ豊かに摂ることが大切です。
– 黒酢には、血圧を下げる効果があると言われています。 黒酢は、酢酸やアミノ酸などの有効成分が多く含まれています。

コーヒーは血管年齢を若返らせる飲み物

コーヒーは、世界中で愛飲されている飲み物ですが、実は血管の健康にも良い影響を与えることが研究で明らかになっています。
コーヒーに含まれるポリフェノールやカフェインなどの成分が、血管の機能を改善し、動脈硬化や心血管疾患の予防に役立つと言われています。

コーヒーが血管に良い理由は、主に以下の3つです。

  • 抗酸化作用
  • 血圧降下作用
  • コレステロール低下作用

抗酸化作用

コーヒーには、ポリフェノールという抗酸化物質が豊富に含まれています。
ポリフェノールは、体内で発生する活性酸素を除去し、細胞や組織の酸化を防ぐ働きがあります。
活性酸素は、血管の内皮細胞を傷つけて動脈硬化を促進する原因となりますが、コーヒーのポリフェノールがそれを防いでくれるのです。
コーヒーのポリフェノールの中でも、クロロゲン酸という種類が特に多く、その抗酸化作用はビタミンCやEよりも強いと言われています。

血圧降下作用

コーヒーには、カフェインという刺激物質が含まれています。
カフェインは、一時的に血圧を上げる効果がありますが、長期的には血圧を下げる効果があるという研究結果があります。
カフェインは、血管を拡張させる一酸化窒素の分泌を促進し、血管の柔軟性を高めることで、血圧を下げると考えられています。
また、カフェインは、脂肪の燃焼を促進し、体重や体脂肪率を減らす効果もあります。
肥満は、高血圧や動脈硬化のリスクを高める要因ですが、コーヒーのカフェインがそれを予防してくれるのです。

コレステロール低下作用

コーヒーには、カフェストールとカフェオールという成分が含まれています。
これらの成分は、コレステロールの合成を抑制し、コレステロールの排泄を促進することで、血中のコレステロール値を下げる効果があります。
コレステロールは、血管の壁に付着してプラークを形成し、動脈硬化を引き起こす原因となりますが、コーヒーのカフェストールやカフェオールがそれを防いでくれるのです。
ただし、これらの成分は、紙フィルターで濾すとほとんど除去されてしまいます。
そのため、コレステロール低下作用を得るには、紙フィルターを使わないドリップ式やエスプレッソ式のコーヒーがおすすめです。

コーヒーの摂取方法

コーヒーが血管に良い効果をもたらすには、適量の摂取が重要です。
一般的には、1日に2〜3杯(約400〜600mL)が適切な量と言われています。

コーヒーの摂取量が多すぎると、カフェインの過剰摂取による不眠や不安、動悸などの副作用が起こる可能性があります。
また、コーヒーに砂糖やミルク、クリームなどを加えると、カロリーや脂質が増えてしまいます。

血管の健康のためには、ブラックコーヒーが最適です。
コーヒーの苦みが苦手な人は、はちみつやシナモンなどを加えると、風味が良くなります。

まとめ

血管を強くする食べ物(飲み物)として手軽に摂取できるコーヒーですが、
コーヒーは、ポリフェノールやカフェインなどの成分が、血管の機能を改善し、動脈硬化や心血管疾患の予防に役立つ飲み物です。
1日に2〜3杯のブラックコーヒーを飲むことで、血管年齢を若返らせることができます。コーヒーを飲む際には、摂取量や飲み方に注意しましょう。コーヒーを楽しみながら、血管の健康を保ちましょう!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

【物価高に負けない】ワンコイン節約レシピ!の注目記事を受け取ろう

コーヒーが血管を強くする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【物価高に負けない】ワンコイン節約レシピ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

misya

misya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【医療ダイエット】芸能人のGLP-1ダイエットまとめ!かまいたち山内さんのダイエット法など

  • 【所さん事件ですよ】家が建てられなくなる?忍び寄る大工不足について

  • あさイチ【春野菜と豚肉のあんかけ丼の作り方!石原洋子さんのレシピ】

  • 【カズレーザーと学ぶ】投資家テスタさん予想!2024年に上がる株や連想ゲーム・日経平均30万円!?

関連記事

  • ひるまえほっと【冷静スープレシピ!アボカドとポン酢の豆乳冷製スープの作り方を島本美由紀さんが紹介】

  • あさイチ【春野菜と豚肉のあんかけ丼の作り方!石原洋子さんのレシピ】

  • NHKひるまえほっと【オートミールバナナパンケーキの作り方!かんたんごはんレシピ】

  • あさイチ【ツナ玉ケーキの作り方!古谷彰子さんのレシピ】